お歳暮をいただいた場合のお礼状は必要?

お歳暮礼状

 

お歳暮をいただいても仕事が忙しかったり
先方様が遠い地域にお住まいだったりして

 

本来なら出向いてお礼を述べるのが筋なんでしょうけど

 

直接会って感謝の気持ちを伝えることが
難しい場合も多々あったりしますね・・

 

そんな場合は何もしないというのは失礼ですから

 

はがきや手紙などのお礼状を送ることで
お歳暮をいただいた感謝を伝えることが大切です。

 

そして、お歳暮の品物や贈る方法などによっては

 

ちゃんと品物が届いている?先方様に喜んでもらえた?など
お歳暮を贈った側が不安になっている場合もあります。

 

まぁ間違いなく届いているでしょうけど
確認したい気持ちってありますよね。

 

ですから、手紙やはがきのお礼状を送ることは
感謝の気持ちを伝えると同時に

 

お歳暮をいただいた先方様に
無事に品物が届いたことを知らせる意味合いもあるのですね。

 

忙しくて手紙やはがきを書く時間がない場合は
電話やメールで気持ちを伝えることも有効ですが

 

先方様に感謝の気持ちをより伝えるためには
電話やメールよりも、ハガキや手紙を送るほうが良いようです。

 

親類とかおさななじみとか身近な存在だったら
電話やメールでもかまわないのでしょうけど

 

本来はお礼の葉書や手紙が礼儀のようですね。

 

最近ではパソコンを使って手紙を書くという場合もありますが
こちらも手書きで書いた方が良いようです。

 

仮にパソコンで書いた文章でも

 

手書きで一言感謝の言葉を添えるなどの
心遣いも忘れないようにしたいものですね。

 

イオンのお歳暮は20日30日5%オフ