お歳暮の簡易包装は環境保護のためにも注目

お歳暮簡易包装

 

 

日本の伝統行事といえるお中元やお歳暮などの贈答行事も
やんわりとお断りする風潮も見受けられる現代ですね。

 

上手にお断りする方法なども様々な媒体で紹介されており
お互いが納得すれば負担となる贈答のお付き合いは

 

お互い様で省きましょうという流れも
受け入れられるようになってきたといえます。

 

しかしそうはいってもやはり長年培ってきたこの風習は
特に、年配の方の間では依然続けておられる方も多く

 

百貨店やスーパーでもお歳暮シーズンはまだまだ賑わっています。

 

また、インターネット産業でもお歳暮ギフトは注力されて
進化しておりアイテムも豊富で主力商品ともなっていますね。

 

やっぱりお歳暮などの贈答行事が
完全になくなってもちょっぴり悲しいもの・・でしょうか。

 

 

お歳暮通販簡易包装

 

 

インターネットを通じてホームページで購入して
お歳暮ギフトを贈る習慣が根付いたからでしょうか

 

こういった贈答品においても一昔前のような
過剰なラッピングは避ける傾向にあり

 

できるだけゴミが出ないように
簡素化されていることが珍しくはなくなってきました。

 

環境保護の問題もありますしお歳暮のラッピングも
簡易包装が逆に相手先にも喜ばれるのかもわかりませんね。

 

お歳暮の注文時に包装について希望は聞かれることもありますが

 

私たちの住む大切な地球を守るためにも
積極的にゴミを減らすことには協力したいものです。

 

贈られる側もそういう意識で受け取ることが
当たり前になってきている時代だといえますし

 

むしろ、ゴミの分別が楽になって私は助かっています(笑

 

時代にあわせてお歳暮のあり方も確かに変わっていますが
エコのためにも私は簡易包装に大賛成ですね。

 

成城石井のお歳暮はすべて簡易包装で